| TOP | NEWS   | 客室料金表 | ご予約 | Web Mail用紙 | | 繁體中文 |
 
 
宇治金時の由来
 
このデザートをなぜ「宇治金時」と称するのでしょうか?日本の方ならお分かりと存じます。宇治は京都府の宇治川の谷口に位置する市で、有名な宇治茶の出産地です。坂田金時のように赤い色の小豆を「金時」と言い、小豆に宇治茶を配合したデザートを「宇治金時」と称しています。
日本人は、真夏に丸くデザインされた「氷」の一文字が染め抜かれた旗がそよ風にひらめく「かき氷」のお店の軒下で、赤い毛氈が敷かれた床几に腰かけ、甘い金時と宇治抹茶をあしらった「かき氷」を口にするのが、最大の楽しみの一つです。

宇治金時の材料
 
【 京都宇治抹茶 】
昔の日本の抹茶は現今のものより苦味がやや多く、関東地方では抹茶を茶碗の底に入れる習慣があるようですが、関西では逆に山盛りされたかき氷の上に掛けます。
四重溪清泉溫泉山莊
 
【 抹茶のご案内 】
緑茶を碾き臼で挽いて粉末にしたのが抹茶で、抹茶を飲むことで、葉茶中に含まれた栄養分、即ちタンニン(Tannin)、カフェイン(Caffeine)、ビタミン及び繊維素など、特にビタミンA(脂溶性ビタミン)を全て摂取でき、普通の葉茶で淹れたお茶ではエンジョイできないのです。抹茶にはアミノ酸も多く含まれているので、これが抹茶独特の気味を醸しています。
   
【 0.003mmの黃金基準 】
0.003mmとは粒子の直径を指します。0.003mm規格は日本公認の抹茶の中では極上品です。「清泉山荘」は厳選された碾き臼で挽いた0.003mm抹茶粉(1時間にわずか40gしか生産できない)で作られた最高品質の抹茶独特の風味、淡い緑色の抹茶をお客さまにご提供申し上げます。

【 美味しい抹茶アイスクリーム 】
0.003mm規格は日本公認の抹茶の中では極上品です。「清泉日式溫泉館」は厳選された碾き臼で挽いた0.003mm抹茶粉(1時間にわずか40gしか生産できない)で作られた最高品質の抹茶独特の風味、淡い緑色の抹茶アイスクリームをお客さまにご提供いたします。

美味しい温泉ぜんざい、香ばしい甘みのエンジョイ
 

「清泉日式溫泉館」の温泉歴史はかなり久しく、百年近くに及びます。泉質は炭酸ナトリウム泉に属しており、透明無味、沐浴以外に飲むこともでき、四重渓温泉の泉源は綿々として絶えることがありません。 日本から輸入した上質の小豆をこのトップクラスの泉水で調理した「ぜんざい」のご賞味に提供いたします。 馥郁とした香り、口当たりのよいこの「ぜんざい」は消化も良く、胃腸にも優しい絶品です。このデザートは日本における伝統的なお八つです。深紅色の「ぜんざい」に真っ白な白玉(団子)を適宜にあしらったこの点心を見ただけで大いに食欲がそそられます。温泉「ぜんざい」を口に入れた際の甘味、白玉の粘り食感、両者の味が口内で対立、「ぜんざい」を食べ終えた後の口直しに香りのいい甘酸っぱい乾金柑を口にするとそれらが調和して融け合い、一般の「ぜんざい」とは異なる味覚を体験いただけること、請け合いです。

 

 
     
 
清泉日式溫泉館
ADD:屏東県車城町温泉村の文化みちの5号
TEL:(08)8824120 / FAX:(08)8824126

ずっと愛している
 

版權所有‧清泉日式溫泉館 Copyright © Qing-Quan | 網站製作維護:旅遊達人網